ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > キャリアウーマントップ > スティーブ・ジョブズも『徒然草』を仕事の指針にしていた

スティーブ・ジョブズも『徒然草』を仕事の指針にしていた

木村耕一BLOG

こんにちは、木村耕一です。


『徒然草』は、兼好法師が亡くなって、300年もたってから、江戸時代の天才的な編集者の目に留まります。彼は、「いつの時代にも共通する素晴らしいメッセージだ」と直感。兼好法師の原稿に解説を加え、新たに編集して発売したところ、大ベストセラーとなったのです。

江戸時代から始まった『徒然草』ブームは、今も続いています。

日本人に最も親しまれている古典の一つであり、『徒然草』を題材とした人生論、ビジネス書、マンガなどが、実に多く発刊されています。

日本だけではありません。私がブラジルへ行った時、書店で、ポルトガル語に翻訳された『徒然草』を見つけ、驚きました。海外でも、読まれているのです。

アメリカで、アップルコンピュータ社を設立し、革新的な事業で大成功したスティーブ・ジョブズは、若い時から日本文化が大好きでした。仕事の進め方、信念を語る言葉の中に、まさに『徒然草』そのまま、といえるメッセージがあります。彼も、英訳で読み、仕事の原動力にしていたに違いありません。

ジョブズが感動した兼好法師の言葉の一つが、下記だと思われます。

もし、未来が分かる人が来て、

「おまえの命は、明日、必ずなくなるであろう」

と知らせてくれたら、どうしますか。

さて、今日一日、いつもと同じことに、せっせと取り組むことができるでしょうか。(徒然草 第108段)

このように世界的にも影響を与えている『徒然草』を、古典の名著と位置づけ、「古文は苦手だな」と、一歩引いて眺めていては、もったいないではありませんか。

そこで、誰もが、生き方を見つめるヒント集として、気楽に読める形にしておきたい、と思い立ち、現代の私たちに元気、勇気を与えてくれるところを選んで意訳したのが、『こころ彩る徒然草』です。


f:id:kimura051:20170710104534j:image:w360:right


>> 続きをみる

木村耕一BLOGの人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

【PR】

木村耕一BLOG

「木村耕一BLOG」のプロフィール

木村耕一さん

古今東西のエピソードから、人として大切にしたい心、元気がわく言葉を送る――エッセイスト・木村耕一のブログです。

エッセイスト・木村耕一のブログです。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://d.hatena.ne.jp/kimura051/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...